算数で遊べ。遊び×感性×探究で夢中になる!

学ぶことが遊びになる、
探究算数コースです。

数、図形、計算。学校でおなじみの算数を、ゲームやパズルを楽しみながらワクワク学ぼう!自分の頭で「なんでだろう?」と考えて、手足を動かして試行錯誤を繰り返すうちに、身の回りにある「算数のヒント」に気づく。毎回いろいろな切り口から算数的思考を重ねることで、その奥深さや不思議さのとりこになる。そんな仕掛けがたっぷり!

  1. ①算数が遊びになる
  2. ②身体を動かして算数的感覚をつかむ
  3. ③つくりながら学ぶ

最初の受講者でもあるSくん

Sくんは、a.schoolが小学校低学年向けのコースを初めて開講したときのお客様の一人。当時、まだ小学1年生になったばかりのSくんは異学年混合のクラスで一番身体が小さく、とてもシャイな生徒さんでしたが、この一年で大きく成長。教室をくるくる動いていろいろな発見をしては、嬉しそうに発言してくれます。
受講のきっかけは、お母様の「答えが決まっている学校の勉強だけではなく、もっと自由に、楽しく学んでほしい」という願い。将来は、自分の「やりたい!」を大切に、自分の意志で道を切り拓くような子に育ってほしいという教育方針が、【「なぜ?」「わくわく!」の心を大切に】というa.schoolの学びの心得とぴったりだったそう。
探究型の学びを始めて一年。Sくんはクラッカーを見て「円錐だ!」と気づくなど、身近な算数を発見しては教えてくれるのだとか。 大切なのは、どこでどのように学ぶのか。自分のペースを守りながら、好きなことを楽しく学ぶスタイルで、溢れる好奇心をぐんぐん学びに変えています。

カリキュラム

『探究算数コース』
2017年度カリキュラム

「図形」と「アート」を結びつけて表現しながら学んだり、(擬似的に)お店を開いて「商売」に挑戦する中で計算する力を身につけます。「数と計算」「図形」「単位と測量」といった学校で習う分野を網羅しつつ、ユニークな切り口で算数を探究していきます。

  1. 7〜9月
  2. 10〜12月
  3. 1〜3月

『探究算数 図形とアート』

「図形と仲良くなること」を目指すワークショップです。面積や体積などの「答えを導く手順」ではなく、「図形の特徴や性質」を学ぶことを重視し、各回で新しく出会った図形をオリジナルの『図形アート』として表現します。その中で、三角形・四角形・円といった定番の平面図形について共通点や相違点を発見し、図形的センスが磨かれていく体感的なプログラムです。

プログラム構成

スケジュール・料金

三ノ輪ではじめる・体験する

ここでしか受けられない算数体験!なぜ?を繰り返して自分で答えを探す楽しさを実感できる、『探究算数』コースを三ノ輪ジュニア教室で開講します。

料金 / 月2回で5500円(税抜)
※通常授業にお通いでない方も、「探究算数コース」のみの受講が可能です。

場所 / 明光義塾三ノ輪ジュニア教室
〒110-0003
東京都台東区根岸5丁目22-6 ブロッケンビル3F/4F
三ノ輪駅 2番出口 徒歩3分

https://www.meikogijuku.jp/school/detail/S0798.html
(別ウインドウで開きます)

明光義塾 × a.school

2020年からの大学入試改革により、小中高での学習の形や、中学受験の問題傾向はいま大きく変わっていこうとしています。 すでにアクティブラーニング形式の授業を行う学校も増えてきています。
そのような時代の流れのなかで、小学生の早い段階からどんな学習が必要になるのか。お子様の教育について迷っていらっしゃる保護者の方も多いかと思います。
明光義塾 三ノ輪ジュニアスクールでは、様々な複合施設や塾にて講座を展開する、a.schoolさんにご協力を頂くことで、小学生低学年(1〜3年生)に向けた「探究算数」コースをご用意致しました。
ぜひ、将来に向け「算数を好きになる」、「考える力をつける」ための、このコースをご受講下さい。

2020年に向けて。教育は変わる!?

2020年に向けて、大学入試だけでなく、中学入試も変わりつつあります。 「適性検査」型というキーワードを聞いたことありますか?従来の「暗記した知識の量」を問う形式とは異なり、「教科を超えた総合的な思考力や表現力」を問う「適性検査」。 公立中高一貫校をはじめとして、2016年度は首都圏の200校近くがこの形式を導入したといわれています。
たとえば算数の問題も、公式を覚えても歯が立たないものばかり。規則性を発見したり、パズルを組み合わせたりと手や頭を動かす必要のある問題や、表やグラフを読み取る能力が求められる問題など、答えが一つではない問題が出題されます。
こういった新しい入試に対応するためには、日頃から「自分で考える力」を養わなければなりません。探究算数コースでは、ワークショップを通じて手を動かしながら自分の頭で考えて学ぶので、適性検査への準備にぴったりです!

メッセージ

算数嫌いになる前に
「算数脳」をつくって
あげましょう!

私は、子どもの頃から算数や数学が大好きでした。それは、「自由に考える楽しさ」があったから。算数の魅力のひとつは、パズルやゲームのように試行錯誤しながら学ぶプロセスにあると思っています。難しい計算を簡単にできる工夫を思いついたり、数や図形の規則性を発見したり・・・。考えに考えて「ハッ」と気づく、その瞬間は非常に爽快で、感動的ですらあります。
そんな魅力をもつ算数は、子どもたちの「考える力」を磨くのに最適な科目で、複雑で予測ができないこれからの時代にも重要な科目だと思っています。また、算数というと「難しそう!」というイメージがつきまといますが、実は「楽しい!」を発見できる要素がたくさん詰まっています。ぜひ算数の世界へのワクワク探検に、一緒に出かけましょう。

株式会社a.school 代表取締役
岩田 拓真 Takuma Iwata

1985年京都生まれ。
京都大学総合人間学部卒、東京大学大学院工学系研究科修了。修士号(工学)。東京大学i.schoolにてイノベーション創出の方法論について学ぶ。現在はa.schoolにて、学習塾の運営、様々な教育プログラムの企画・運営、学習塾・学校への教育ノウハウの提供等を行う。NPO法人 Motivation Maker 理事。NPO法人 放課後NPOアフタースクール アドバイザー。

よくある質問

授業はどのように進めるのですか。

講義型ではなく、双方向型(ワークショップ形式)で授業を行います。個別ワークとグループワークを混ぜながら、生徒一人ひとりがのびのびと、互いに刺激を受けながら学べる環境づくりを大切にしています。

異学年混合クラスですが、1年生の子でも授業についていけますか。

学校での既習・未習に関係なく、どの学年も楽しく学べ、かつ能力が伸びるようにオリジナルのカリキュラムが設計されています。また、生徒同士で教え合うことで、知識を再整理し、理解が深まるという、異学年混合だからこそ得られる学びもあります。

数がとても苦手な子でも楽しく学べますか。

問題をひたすら解くのではなく、手を動かしたり、アイディアを発想したり、議論をしながら授業が進むので、学校での算数が苦手な子も、いつの間にか算数を好きになっていきます。

期の途中から通塾することはできますか。

授業ごとに異なる内容を学んでいく為、期の途中からでも問題なくクラスに溶け込むことができます。

予約

初回参加希望日
※初回参加希望日に合わせて、30分程度の面談の調整のご連絡をさせて頂きます
保護者のお名前
ふりがな
郵便番号
 ー 
都道府県
市区町村
番地・建物名
電話番号
- -
メールアドレス
お子様のお名前
ふりがな
お子様の年齢
小学校名・幼稚園名

運営会社について

社名 株式会社 MAXIS エデュケーション
(英文表記:MAXIS Education Inc.)
URL http://maxis.ne.jp/
所在地 東京都新宿区西新宿7-20-1
住友不動産西新宿ビル32F
電話番号 03-5338-4001
資本金 3,000万円
社員数 150名
株主 当社は株式会社明光ネットワークジャパンのグループ企業です。
事業内容 個別指導塾「明光義塾」のフランチャイズ運営

早稲田アカデミー個別進学館事業(高学力層向け個別指導塾)のフランチャイズ運営

その他教育事業
社名 株式会社a.school
(エイスクール)
URL http://aschool.co.jp/
所在地 東京都文京区本郷4丁目1-7
近江屋第二ビル 601
電話番号 03-6869-9822
資本金 500万円
設立 2013年9月5日
事業内容 学習塾の経営

創造性教育プログラムの企画・運営

ワークショップ・イベントの企画・運営

教育関連のコンサルティング